NEWS

2022.01.04

レストラン・バー 料理

【1~3月】シェフの一皿 FARM to TABLE

【1~3月】シェフの一皿 FARM to TABLE

うるま市の農家さんが作るとびきり新鮮な野菜を使って、シェフがこだわりの一皿に仕上げました。

農家さんは小規模で農業を営んでいるところが多く、農家さんとシェフが直接交流することで市場に出回っていない貴重な食材を使って新しい料理が生まれたり、シェフが新しい野菜をリクエストしたり、ココガーデンが推進する「地産地消」に新しい動きが生まれました。
できるだけ農薬を使わず、丹精こめて作った食材が、他では味わえない「シェフの一皿」となって登場します。心ゆくまで味わってください。

カボチャと豚肉の相性は抜群。豆板醤のほどよい辛味がカボチャの甘さを引き締めます。
シェフ 宮平悟
 
安本さんの島カボチャの特徴
皮まで美味しく爽やかな甘味。ホクホク食感の栗南瓜と異なりズッキーニのような味わいです。
 
期 間 2022年1月6日~3月31日
時 間 レストランマカンマカン 18:00~21:30
※最新のレストラン営業につきましては、こちらをご確認ください。
 
料 金 ¥800(税・サービス料込)
シャトルバスで15分のルネッサンス(グループホテル)では、恩納村の農家さんが作る野菜を使った各レストランの「シェフの一皿」をご用意しています。

ルネッサンスのシェフの一皿

記事一覧に戻る

  1. HOME
  2. 新着情報
  3. 【1~3月】シェフの一皿 FARM to TABLE